和歌山セフレは私を見つめていた

和歌山セフレの少年と少女は、「xxちゃん(愛称)セビが大好き」と微笑みました。

本人が謝った(笑)その後、クラスの隣にいて、私を見つめていた。その後、塾に通っていました

同じ塾で和歌山セフレ(大学3年生のみ)。それでも、私は部屋の座席で私の隣にいて、癌を見ました。 …………がんを見る( ̄▽ ̄;)

卒業後、和歌山セフレが生まれたと聞き、その後は分からなかった。

後で、同じクラスの才能のある男の子が告白して終了しました(私は前に書いた)
なんか体育館で会って、同じ大会社の男から「セビロが好き○○はセビロが好き〜」と言われて、あとは((ω) `;))のぞ( (; ‘…ω・)あとはない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です