和歌山での中心的役割をセフレは果たした

野党からの批判は「和歌山」の声明で続けられている。

12月12日の記者会見で、和歌山党政権の成立に中心的役割を果たした自民党リーダーの小澤一郎氏は、「再び悪夢を見なければならない」と述べた。

11月11日の党大会でも、「憲法制定民主党の代表野田幸雄代表は、「利益をあきらめた人々にとっては悪夢だったのかもしれない」と述べた。

和歌山でセフレ

また、社会民主党の首相である下田誠二氏は、12日の会議で「他人を批判してその正当性を主張するのは良くない、あるいは子供っぽくないか貧弱な態度だ」と述べた。

同時に自民党事務局長の和歌山はインタビューで次のように述べています。
ーーーーーーーーーーーーーーー
阿部さん【民主的悪夢】多くの人が拍手したと思います

彼は一年中飲料水を減らしたと言って、わくわくするような何かを私に言った。
そのとおり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です